【けんちんうどん】カロリーと糖質について|ダイエットには向いてる?

うどん

具材たっぷり「けんちんうどん」のカロリーと糖質をまとめました。

人参やごぼう、大根などの根菜類も一緒にとれるけんちんうどん。

かなりのボリューム感なので、一杯だけでもお腹いっぱいになります。

ただ…気になるのがカロリーと糖質です。

思っているよりカロリーは低めですが、糖質の高さがちょっと心配です。

スポンサーリンク

内容をざっくりまとめると

  • カロリーは404kcal、糖質は60.7g
  • 糖質の高さが非常にネック
  • 糖質制限中は避けたい食べ物

けんちんうどんの成分表|カロリーと糖質をチェック

具材やうどんの量によって成分は異なりますが…目安になる数値が下記の通りです。

※成分表の数値は「あすけん(アプリ版)」から抜粋しております。

エネルギー404kcal
タンパク質17.3g
脂質6.3g
糖質60.7g
カリウム436mg
カルシウム71mg
1.2mg
ビタミンA83μg
ビタミンE0.6mg
ビタミンB10.13mg
ビタミンB20.12mg
ビタミンB60.28mg
ビタミンC4mg
食物繊維3.3g
飽和脂肪酸1.08g
塩分3.8g

具材がたっぷり入っている割には、カロリーがそれほど高くありませんね。

また、気になる糖質の量は「60.7g

食べ合わせにさえ気をつければ、糖質制限中でも許容範囲かな?という感じ。

ちなみに…

糖質制限をしないのであれば、1日の摂取量の目安は「約250g〜300g

で、糖質制限をするのであれば「100g〜150g」に抑えたいところです。

昼食や夕食にけんちんうどんを食べるなら、他の食事は糖質を控えめにすることで、摂取量を抑えられますね。

カロリーと糖質の1日あたりの目安量(詳細の確認はここをタッチ)

1日の摂取カロリーの目安


【成人男性】1日の摂取カロリーの目安
→2,000kcal〜2400kcal

【成人女性】1日の摂取カロリーの目安
→1,700kcal〜2,000kcal

生活習慣や身体活動レベルによって摂取カロリーの目安は上下します。

デスクワーク中心の方は摂取カロリーが少ない〜立ち歩きが多い方は多いという感じです。

1日の摂取糖質の目安

総エネルギー摂取量の約50%〜60%が目安。

例えば、1日に必要なカロリーが2,000kcalだとすると…

2,000kcal×50%=1,000kcal
2,000kcal×60&=1,200kcal

糖質は1gあたり4kcalなので、約250g〜300gが目安になります。
また、糖質制限を行う場合は、これよりも摂取量を少なくする必要があります。
  • 1日3食糖質制限→30g〜60g程度におさえる
  • 1日2食糖質制限→80g〜120g程度におさえる
  • 1日1食糖質制限→120g〜170g程度におさえる
スポンサーリンク

けんちんうどんを食べる時の注意点

「思ったよりもカロリー低いから、ダイエット中でも安心して食べられる」

と思いますが…油断は禁物です、

けんちんうどんを食べる時は次の3点に注意しましょう。

1.おかずとして炭水化物を一緒に食べない

カロリーが低いからといって、一緒におにぎりなどを食べない方がいいです。

炭水化物+炭水化物になり、糖質の量が多くなっちゃいます。

まぁ、けんちんうどん一杯でも食べごたえがありますからね…

「もう少し何か食べたいな…」という時は、低カロリー高タンパクなおかずを食べましょう。

「甘いものがいい!」という場合は、下記のおやつがオススメです。

  • プロテインバー
    (ウィダーinバー プロテイン)
  • SOY JOY
  • 豆乳おからクッキー
  • ヨーグルト
  • こんにゃくゼリー

2.だし汁は残すようにする

けんちんうどんって、あのだし汁も美味しいですよね。

特に寒い時期なんかは身体の芯から温まる感じがします。

でも…

ごくごく飲みすぎると塩分過多になっちゃいます。

一日あたりの摂取量の目安は「男性8g/女性7g」です。

けんちんうどんを食べる時は、だし汁の飲み過ぎ注意ですね。

3.根菜類は意外と糖質の量が多い

けんちんうどんの特徴は「たっぷりの野菜」ですよね。

特に多いのが「根菜類」です。

大根、人参、ごぼう、里芋などなど。

人参はβカロチンが豊富、ごぼうは食物繊維が多いなど、メリットもあるのですが…

糖質が高めというネックがあります。

「健康のために具材もたくさん食べるぞ!」

と意気込むと、ついつい糖質過多になりがちです。

けんちんうどんと一緒に食べたいおかずやトッピング

けんちんうどんはボリュームたっぷりですから、かなりの満腹感を得られます。

ただ、タンパク質やビタミン類などの栄養素がちょっと足りないな…という感じ。

なので、トッピングとしてお肉をたっぷり入れる、おかずとしてサラダを食べるなどの工夫をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました