【丸亀製麺】釜玉うどんのカロリーと糖質は?ダイエット中に食べる時の注意点

丸亀製麺

丸亀製麺の定番メニュー「釜玉うどん」のカロリーと糖質をまとめました。

並盛りで350円、大盛りで450円。

この値段であのクオリティですから、とても優秀ですよね。

お腹を満たすならカンペキなのですが、糖質制限をするとなると、ちょっと危ないです。

スポンサーリンク

内容をざっくりまとめると

  • カロリーは405kcal、糖質は65.1g
  • カロリーは低めだけど、糖質の高さが気になる
  • 糖質制限中は避けた方がいい食べ物

【丸亀製麺】釜玉うどんの成分表|カロリーと糖質をチェック

丸亀製麺の釜玉うどん(並)の成分が下記の通りです。

※成分表の数値は「あすけん(アプリ版)」から抜粋しております。

エネルギー405kcal
タンパク質15.9g
脂質6.4g
糖質65.1g
カリウム190mg
カルシウム51mg
1.9mg
ビタミンA75μg
ビタミンE0.8mg
ビタミンB10.1mg
ビタミンB20.29mg
ビタミンB60.11mg
ビタミンC0g
食物繊維2.4g
飽和脂肪酸1.69g
塩分4.7g

これが大盛りになると、カロリーは569kcal/糖質は95.7gになります。

並盛りであればカロリー・糖質ともに許容範囲ですが…

大盛りの糖質は許容範囲をオーバーしてしまいます。

仮に1日の糖質を120g〜150gにおさえるとすると、大盛りを食べたらあと20〜50gの余裕しかありませんからね。

カロリーと糖質の1日あたりの目安量(詳細の確認はここをタッチ)

1日の摂取カロリーの目安


【成人男性】1日の摂取カロリーの目安
→2,000kcal〜2400kcal

【成人女性】1日の摂取カロリーの目安
→1,700kcal〜2,000kcal

生活習慣や身体活動レベルによって摂取カロリーの目安は上下します。

デスクワーク中心の方は摂取カロリーが少ない〜立ち歩きが多い方は多いという感じです。

1日の摂取糖質の目安

総エネルギー摂取量の約50%〜60%が目安。

例えば、1日に必要なカロリーが2,000kcalだとすると…

2,000kcal×50%=1,000kcal
2,000kcal×60&=1,200kcal

糖質は1gあたり4kcalなので、約250g〜300gが目安になります。
また、糖質制限を行う場合は、これよりも摂取量を少なくする必要があります。
  • 1日3食糖質制限→30g〜60g程度におさえる
  • 1日2食糖質制限→80g〜120g程度におさえる
  • 1日1食糖質制限→120g〜170g程度におさえる

【丸亀製麺】釜玉うどんは思ったよりもカロリー・糖質が高め

卵(温泉たまごもしくは生たまご)が入っているとはいえ、並盛りでもちょっとカロリーが気になるな…

というのが率直な感想。

350kcalくらいならダイエットの定番メニューになりそうな感じです。

あと、並盛りでも糖質は68.9gありますからね。

並盛り+おにぎりという組み合わせだと、100gをカンタンに超えてしまいます。

「どうしても釜玉うどんを食べたい!」という時は、おにぎりではなく天ぷらを食べましょう。

そうすれば糖質を抑え、タンパク質を摂取することができますからね。

スポンサーリンク

【丸亀製麺】釜玉うどんを食べる時の注意点

「今日は釜玉うどんを食べるぞ!」という時は、以下の3点に注意するといいですよ。

1.並盛り+天ぷらにする

大盛りにする、おにぎり・いなりを食べるのは避けた方がいいです。

安くお腹いっぱいになるので、コスパはバツグンなのですが…

糖質制限をするとなると、極力避けたいところ。

なので、お腹いっぱいにするのであれば「並盛り+天ぷら」にするのがいいです。

特に「かしわ天」はおすすめ。

カロリーは187kcalですが、糖質が7.3gでタンパク質は14.7g。

不足しやすいタンパク質を摂取できるので、とても優秀な天ぷらです。

2.早食いしない

釜玉うどんって最初はアツアツだけど、混ぜるうちに冷めていきます。

なので、程よい温度になって食べやすいんですよね。

でも、これって早食いしがちです。

早食いは満腹感が得られにくいので、おやつや夕食をドカ食いしちゃうおそれがあります。

なので、ゆっくりよく噛んで食べることを意識しましょう。

3.残り二食は炭水化物を控えめにする

1日のうち一食を釜玉うどんにするなら、残り二食は炭水化物を控えめにしましょう。

茶碗の半分にする、もしくはご飯の代わりにおかずをたくさん食べる。

このように工夫すれば、糖質の多さをカバーできます。

【丸亀製麺】釜玉うどんと一緒に食べたいおかず

丸亀製麺の天ぷらには色々な種類があります。

そして、その中でも一緒に食べたいものが「かしわ天」や「ゲソ天」「半熟たまご天」などです。

これらの天ぷらは糖質が低めでタンパク質が豊富です。

そのため、糖質制限中には強い味方になってくれます。

反対に、避けたい天ぷらは根菜類です。

「かぼちゃ天」「さつまいも天」「野菜かき揚げ」などなど。

特に野菜かき揚げは高カロリー&高糖質ですからね。

※丸亀製麺の天ぷら一覧(カロリー・糖質)はこちらからチェック
▶▶【丸亀製麺】天ぷらのカロリーと糖質|おすすめベスト5もチェック

【まとめ】

リーズナブルで美味しい丸亀製麺の釜玉うどんですが、糖質制限中は食べ過ぎ注意です。

どうしても食べたい!という時は、並盛り+かしわ天が一番です。

タイトルとURLをコピーしました