【セブンのホットドッグ】カロリーと糖質は?ダイエット中に食べる時の注意点

セブンイレブン

セブンイレブンの「ホットドッグ」について、カロリーや糖質などの成分をまとめました。

約130円で食べられるホットドッグ。

美味しいという評判や口コミも多く、人気の食べ物です。

ただ、パンが使われているだけあって、糖質の量が気になるところ。

スポンサーリンク

内容をざっくりまとめると

  • カロリーは293kcal、糖質は35.2g
  • タンパク質は10.2gとあまり高くない
  • 高糖質なので、糖質制限中は避けた方がいい

セブンイレブンのホットドッグの成分表|カロリーと糖質をチェック

※成分表の数値は「あすけん(アプリ版)」から抜粋しております。

エネルギー 293kcal
タンパク質 10.2g
脂質 11.9g
糖質 35.2g
カリウム 202mg
カルシウム 41mg
 1.1mg
ビタミンA 6μg
ビタミンE 0.6mg
ビタミンB1 0.16mg
ビタミンB2 0.1mg
ビタミンB6 0.09mg
ビタミンC 10mg
食物繊維 1.8g
飽和脂肪酸 4.15g
塩分 2g

セブンイレブンの「ホットドッグ」は、このような成分になっています。

成分解析アプリによっては多少の誤差があるかもしれないので、参考程度に見ておきましょう。

カロリーと糖質の1日あたりの目安量(詳細の確認はここをタッチ)

1日の摂取カロリーの目安


【成人男性】1日の摂取カロリーの目安
→2,000kcal〜2400kcal

【成人女性】1日の摂取カロリーの目安
→1,700kcal〜2,000kcal

生活習慣や身体活動レベルによって摂取カロリーの目安は上下します。

デスクワーク中心の方は摂取カロリーが少ない〜立ち歩きが多い方は多いという感じです。

1日の摂取糖質の目安

総エネルギー摂取量の約50%〜60%が目安。

例えば、1日に必要なカロリーが2,000kcalだとすると…

2,000kcal×50%=1,000kcal
2,000kcal×60&=1,200kcal

糖質は1gあたり4kcalなので、約250g〜300gが目安になります。
また、糖質制限を行う場合は、これよりも摂取量を少なくする必要があります。
  • 1日3食糖質制限→30g〜60g程度におさえる
  • 1日2食糖質制限→80g〜120g程度におさえる
  • 1日1食糖質制限→120g〜170g程度におさえる

セブンイレブンのホットドッグは思ったよりもカロリー・糖質が高い!

フワフワのパンに挟まれたジューシーなウインナー。

ピリ辛のマスタードと、ほどよい甘味のケチャップ。

2個〜3個と食べられちゃいますよね。

1個あたり約130円ですから、コスパは抜群です。

でも…

パンが使われているだけあって「糖質」の量が多いです。

ちなみに、おにぎり1個が約200kca/糖質40g。

ホットドッグの方が糖質は低いものの、カロリーは高いです。

毎日のように食べるのは避けた方がよさそう。

「どうしてもセブンイレブンのホットドッグを食べたい!」

という時は、毎日ではなく3日〜4日に1個を目安にしておきましょう。

セブンイレブンのホットドッグは塩分の量が気になる

セブンイレブンのホットドッグは、塩分の量も気になります。

塩分の1日の摂取目安量は「6g」と言われています。なので、1食あたり約2gが目安になります。

セブンイレブンのホットドッグは、1個で塩分が2g。

食べ合わせ次第では、3gとか4gを簡単に超えてしまいます。

なので、ホットドッグを食べる時は「おかず、食べ合わせ」にも気を配りましょう。

スポンサーリンク

ダイエット中にホットドッグを食べる時の注意点

ダイエット中(糖質制限中)にホットドッグを食べるなら、下記3点に注意してください。

1.間食代わりに食べる

小腹が空く時間帯(15時〜16時ころ)に、ホットドッグを1個食べるのが好ましいです。

ちょうどいいサイズ感なので、程よくお腹が満たされます。

ただし、間食でホットドッグを食べたら、夕食は糖質の量を控えめにしましょう。

間食でも夕食でも糖質をたっぷり摂ると、糖質過多になるおそれがあります。

カロリーと糖質の1日あたりの目安量(詳細の確認はここをタッチ)

1日の摂取カロリーの目安


【成人男性】1日の摂取カロリーの目安
→2,000kcal〜2400kcal

【成人女性】1日の摂取カロリーの目安
→1,700kcal〜2,000kcal

生活習慣や身体活動レベルによって摂取カロリーの目安は上下します。

デスクワーク中心の方は摂取カロリーが少ない〜立ち歩きが多い方は多いという感じです。

1日の摂取糖質の目安

総エネルギー摂取量の約50%〜60%が目安。

例えば、1日に必要なカロリーが2,000kcalだとすると…

2,000kcal×50%=1,000kcal
2,000kcal×60&=1,200kcal

糖質は1gあたり4kcalなので、約250g〜300gが目安になります。
また、糖質制限を行う場合は、これよりも摂取量を少なくする必要があります。
  • 1日3食糖質制限→30g〜60g程度におさえる
  • 1日2食糖質制限→80g〜120g程度におさえる
  • 1日1食糖質制限→120g〜170g程度におさえる

2.他の食事で糖質と塩分の量を抑える

ホットドッグの糖質・塩分が高めなので、他の食事は糖質・塩分を控えめにしましょう。

お昼やおやつにホットドッグを食べたら、夕食の糖質・塩分を控える…という感じです。

もし我慢できず夜にホットドッグを食べてしまったら、翌日の朝・昼で上手く調整しましょう。

「食べてしまった…」

と落ち込まなくても大丈夫です。

翌日に調整して、再びダイエット(糖質制限)を進めていけば問題ありません。

3.ビタミンやミネラルをしっかり補給する

ホットドッグだけでは、ビタミンやミネラルをほとんど摂取できません。

サラダや海藻類を食べるなどして、ビタミンやミネラルもしっかり補給しましょう。

「そんなの面倒!」

という時は、サプリなどの栄養補助食品を活用するのもありです。

ダイエット中・糖質制限中にホットドッグを食べても大丈夫?

できるだけ避けた方がいいですが、たまに食べるくらいなら大丈夫です。

3〜4日に1個とか。

さすがに毎日(毎食)ホットドッグを食べるのは止めましょう。

ホットドッグ+サラダにすれば、カロリーを抑えることはできますが…

栄養が偏りますし、糖質過多になる可能性もあります。

【まとめ】

  • カロリーは293kcalで、おにぎり1個(200kcal)より高い
  • 糖質は35.2gで、おにぎり1個(40g)よりも低い
  • ただ、塩分も高めなので食べ過ぎには注意
タイトルとURLをコピーしました